概要 Abstracts

概要 • Abstracts

Plenary / 特別講演

 

基調講演:多和田葉子(Yoko TAWADA)

日本は特殊であるという思い込みが時には誇りを伴って日本について語りたいという欲望を駆り立てることがある。それは非西洋から西洋へと一本の成長線上にあらゆる文化を位置づけてしまおうとする傲慢な指への反発でもある。しかし壁のように他者の理解を拒む、いかにも特殊で日本的と思われているモチーフをいろいろな角度から眺めていると、日本に全く関心のない人たちも集まってきて自分のことのように興味を示す。その謎を特攻隊を糸口に追ってみたい。

 

Panel 1 (歴史と『壁』」/ The Challenge of Japan: Historical Perspectives)

 

Laurence WILLIAMS (ウィリアムズ・ローレンス)

“Gulliver and the “Wall of Japan”? Fumi-e (踏み絵) in Jonathan Swift’s Gulliver’s Travels (ガリヴァー旅行記)”

My talk explores Lemuel Gulliver’s famous (if brief) visit to Japan in Book III of Gulliver’s Travels (1726). Although Japan was at that time almost entirely closed to European travellers, Swift is much less interested in “describing” the forbidden interior of the country, than in meditating on the (metaphorical) “barriers” that stand between Japan and the West. The most important of these is the ritual of fumi-e, or “trampling upon the crucifix”, required (Swift claims) of the Dutch traders in Nagasaki. Gulliver’s request to be excused this ceremony prompts the memorable reply from the emperor that “he believed I was the first of my countrymen who ever made any scruple in this point; and that he began to doubt, whether I was a real Hollander, or not; but rather suspected I must be a CHRISTIAN”.

In this talk, I will suggest that Swift in fact largely invents fumi-e as a concept for eighteenth-century readers, departing substantially from accounts of the ritual given by previous travellers. In contrast to later discourse on the Chinese “kowtow”, fumi-e is a more ambivalent symbol, less a satire on Japanese paganism than an opportunity for introspective reflection on European attitudes towards Japan. I want firstly to discuss Swift’s sense of Japanese sakoku as a reasonable and prudent policy, placing it within a broader debate in his novel about the happiness of isolation and the dangers of cultural difference (epitomised in the King of Brobdingnag’s question to Gulliver in Book II, “what business we had out of our own islands”?). Secondly, I will explore Swift’s interest in the way that both Gulliver and the Dutch respond to the barrier of fumi-e. The struggles of Europeans to be accepted in Japan suggest a creative fiction or role-playing which also inadvertently reveals something fundamental about the self, stripped of the layers of pretense and hypocrisy under which it is usually concealed in Europe. I would like to explore the broader questions that this raises for our symposium about European “identity” at the barrier.

 

羽田正(Masashi HANEDA)

「20世紀日本の世界史理解と21世紀の世界史」(Understanding of World History in the Twentieth Century Japan and World History in the Twenty-first Century)

19世紀末から20世紀初めの日本で、「ヨーロッパ」ないし「西洋」と「非ヨーロッパ」ないし「非西洋」の二項対立を暗黙の了解とする西洋近代の世界観と歴史認識が受け入れられた後、それがどのような変容を遂げて現代まで引き継がれているかを論じ、現在私がその「壁」にどのように挑んでいるかを説明したい。

 

Damian Flanagan (ダミアン・フラナガン)

“The Wall of Japan” as an Artistic Mask: My Alternative History of Modern Japanese Literature

Does the “Wall of Japan” really exist? In many cases is such a “wall” of national identity not a convenient fiction used by artists to mask the true wall that divides them as individuals from the people around them?

In this talk I wish to show how some of the most famous writers of modern Japan used a discussion of Japan’s position vis-a-vis the world to hide deep-seated complexes within themselves.

In Gulliver’s Travels, Jonathan Swift, an Irish writer based in Dublin, wrote of a land he had never seen on the furthest extremity of the planet, a world within walls: Japan. 164 years later, another Irish writer from Dublin, Lafcadio Hearn (小泉八雲) actually made landfall in Japan as the culmination of a lifetime, worldwide odyssey. Hearn stayed for 14 years and immediately set about explaining, in book after book, this mysterious land called “Japan”.

At the same time as Hearn was lecturing to great acclaim in English literature at Tokyo Imperial University, in 1900, a certain Natsume Kinnosuke (later to become “Soseki”, 夏目漱石) left behind his best friend Masaoka Shiki (正岡子規)and headed off on a Gulliver’s Travels style odyssey to the West. Soseki, steeped in English literature and with a particular love of 18th century satirists such as Swift and Laurence Sterne, described himself in London in Brobdingnagian terms: he was a sluggish,“Tom Thumb” wandering lost in a foggy land of fast-moving giants.

We hear a lot about how unpleasant Soseki’s experience in the West was, and that he in many ways rejected the West. Was this because of a “wall” separating Japan and the West? No, this was not the case. The “wall” that imprisoned Soseki until his late 30s and that prevented him from writing was not a cultural wall, but a struggle with the concept of art itself, and had at its heart a dark secret…

Have artists actually used the disjuncture between Japan and the outside world as a means of covering up something more powerful and painful in their own psyche? This is particularly true when one comes to speak of Yukio Mishima (三島由紀夫). The “wall” separating Mishima from others and occasionally tormenting him was his torturous sexuality. Yet Mishima’s death attempted to hide quite personal motives behind the mask of Japanese nationalism.

The recurrent pattern we see in an analysis of the great literature of modern Japan is the “wall” between Japan and the rest of the world being used as a convenient fiction by artists who did not want to face their own internal oppressions.

Panel 2 (教育と『壁』」/ The Challenge of Education)

 

刀祢館正明 (Masaaki TONEDACHI)

「英語問題」とは何か

私たちにとって英語とは何なのか。そんな問いを込めて初めて取材したのは25年前だった。以来、様々な主張や議論を見たり聞いたりしてきた。でも、何か大事なことが抜けたままではないか。そんな気がしてしようがない。

一方、「英語について記事を書いている」と言うと、「英語教育を扱っている」と思われることが少なくない。なかには、こちらが尋ねる前から「学校英語」への批判や恨みを語り始める人もいる。気持ちはわからないではないが。なぜこの国では「英語」は常に問題なのか。そして「英語」というと「英語教育」の話になってしまうのか。そんなところから問題提起をし、私見を述べてみたい。

 

阿部公彦(Masahiko ABE)

「入試問題はなぜ難しいのか?の文化論」

試験問題の定型といえば、「文章を読んで設問に答えなさい」というパターン。考えてみれば、こんなふうに文章の一部だけを取り出し、あれこれひっくり返しながら吟味するというのは、かなり不自然な行為だ。試験ならでは特殊な設定である。しかし、実はこのような試験文化の背後には、「読む」という行為の根源的な「異文化遭遇」性が潜んでいる。本発表では、読解問題と「他者の壁」の接点をさぐりたい。

 

Robert Campbell (ロバート キャンベル)

文字を書く壁

壁があるのはよくないことだろうか。
このことは置くとして、確実に嫌な気分になるのは、一面にでっかく落書きされた白い壁に出くわした瞬間。汚い以上に、書かれたことを読もうとする自分が、上手く読めずじれったい。ネット認証のキャプチャ画像も、ぐにゃぐにゃと流れるばかりで、急いでいるのに100%正しく判読できない自分に腹が立つ。
どんな文字でも分かりやすく透明であるべきだと信じて疑わない我々からすれば、前近代の日本の文字は、まるでジャングルのよう。カズラがぶら下がり、切っても切っても前に進まない。崩し字と聞いて、崩れていない安全な場所に戻りたくない人はいないと思う。
一方、以前から伝わるおびただしい文献の圧倒的多数は、崩し字のままに閉ざされていて、わずかな専門家以外に誰もアクセスしていない。日本人をも、歴史の記憶から遠ざけてしまう文字の壁。擦ることで何が見えるかを、ここで問うてみたい。

 

Panel 3 翻訳と『壁』英語と日本語の狭間から」/ The Challenge of Translation: Bridging the Divide Between Japanese and English

 

柴田元幸(Motoyuki SHIBATA)

「壁の抜け方」

翻訳とは一種「壁抜け」のようなものと言えるかもしれないが、では英語側から日本語側に壁抜けするのと、日本語側から英語側に抜けるのでは、何か大きな違いがあるだろうか。ということを問題にしてみたいのだが、そういう、日本語の特殊性みたいな古くさい結論に行きつきかねない話をいまどきしていいのか、という迷いもある。だがまあとにかく、現場主義という批判はあるかもしれないけれど、双方向の壁抜け体験の実感から話を始められたらと思っている。

 

David Karashima (辛島デイヴィッド)

翻訳家になる101の方法?

 

鴻巣友季子(Yukiko KONOSU)

「翻訳と英文和訳はどう違うのか?(本当に違うのか?)」

「翻訳者の深読み、浅読み」

 

Panel 4 日本の「壁」を語る詩人と作家 / The Challenge of Japan in Contemporary Chinese Literature

 

閻連科(YAN Lianke)

人間の想像を遙かに超えた事象が次から次へと起こる今の中国の現実。作家はこの荒唐無稽な現実を目の前にして、これまでの現実主義的手法では立ち向かえなくなっている。真実ではあり得ないはずの真実、存在するはずのない存在、可能なはずのない可能。中国の今を生きる作家がそれを描き出すため、物語を創造するために必要なもの、それが神実主義である。文学に、目に見えているものに惑わされることなく、見えなくなっているもの暴き出させ、表面的な現実の生活ではなく、人間の魂、精神へと踏み込ませる、それが神実主義である。中国の状況を通して、日本へと考察を広げる。